Atelier Clipのワークショップやイベント情報をお知らせしています

2013年7月23日火曜日

シュリンクプラスチックでストラップを作ろう!

先日のスタンプワンダーランドでは、すたんぷえんさんで ミニクラス「シュリンクプラスチックでストラップを作ろう」を 担当させていただきました   シュリンクプラスチックは「プラ板」とも... thumbnail 1 summary
先日のスタンプワンダーランドでは、すたんぷえんさんで
ミニクラス「シュリンクプラスチックでストラップを作ろう」を
担当させていただきました


 シュリンクプラスチックは「プラ板」とも言うんですが
透明な物は、100均でも手に入りますね
今回使ったのは、白い不透明で表面がマットなので、スタンプを捺して
誰でも持っている「水性マーカー」や「色鉛筆」等でも色塗りを楽しめます

スタンプを捺すのは、ステイズオン、塗るのは水性マーカー(象さんのすタンプは
バーサマジックとステンシルスポンジで色付けしました)
なので、滲まずきれいに着色できます

そして、収縮するのは オーブントースターを使うことが多いと思います
が、エンボスヒーターを持っていたら これを使うのが とってもやりやすいです

ヒーターで熱すると、プラスチックがくねくねしだして・・・
「本当にこれで大丈夫なの?」と心配になり・・・悲鳴や呻きが(笑)聞こえてきます
初めてだと驚かれますが・・・ここをじっと我慢すれば、全体が縮んで可愛らしく
出来上がります   これを言葉で説明するのは難しいので、動画を作ってみました




作ってみたくなった方は、すたんぷえんさんの売り場まで
ワンダーランドで作ったものが「キット」になって販売されています
中には作り方の説明もいれてありますので簡単に作れます

オーブントースターで縮める時も、すっかり縮んで動かなくなったら
すぐに取り出し平らな物で押さえる(動画の最後でやっています)を
やっておくと、平らにきれいにできあがります

くれぐれも、「火傷しないように気を付けて」

2 件のコメント

  1. ほほぉ、なんともハイカラなことをされていたのですな。
    30年前から、考えていたのですか?

    SETOと接点があることも、なんとなくわかります。

    (場違いなコメントで申し訳ない。highrocci)

    返信削除
    返信
    1. highrocciさん
      コメントありがとう
      あの頃のは思いもよらなかった現在ですよ
      夢は「舞台の仕事?」「キャリアウーマン(死語)?」だったかな~
      短所でも長所でもある「ゆるさ」が
      何やってても「幸せ」と思わせてくれるのかも

      SETOくんとも仕事のおかげで、某所でバッタリ出会えたんですよ(笑)

      削除